2020.07.14~09.06まで開催中!高輪ゲートウェイフェストに行ってみよう!!

高輪ゲートフェストとは?

「高輪ゲートウェイフェスト」は、高輪ゲートウェイ駅前に特設会場を設けて開催されている期間限定イベントです。未来を疑似体験できるようなパビリオンをはじめ、最新映像技術を用いたデジタルアートミュージアム、日本初上陸の屋外インスタレーション、フードショップなどが楽しめます。

駅前広場全体で開催されていますが、入場には予約が必要です。ですので、ふらっと立ち寄ると言うよりはわざわざ行くって感じですね。以前は入場したい2日前までに予約が必要でしたが、今は当日予約も可能です。入場当日の予約は19時締切です。

・イベント内容

会場内には3つのテントがあり、それぞれホールA、B、Cと分けられています。それぞれ2日前までに事前予約が必要ですが、ホールCは空きがあれば当日予約も可能です。

【ホールA】 A DAY~ちょっとミライのつながるセカイ~ 

こちらは2つのプログラムがあります。先日、私たちはプログラムAの「顔認証技術」のプログラムに参加してきました。

参加者は我が家と、おじいさんおひとりだけでした。

入り口で専用の端末に顔の撮影をすると、中の改札も買い物も顔認証でOK!という体験をしてきました。マスクをしていてもあっと言う間に認証されてしまう世界に驚き!近い未来はこんなにも便利になるんだと感激したものの、これが絶対なのか?誤作動や悪用されないのか??と不安にもなったりしました。アナログ世代ですから…。子どもたちはあっと言う間に順応出来ていて、対応能力の高さに脱帽です。

シンカリオンやSuicaのペンギンなどのキャラクターと一緒に写真が撮れるブースやステッカーチケットが作れるブースもあり、子どもたちは終始楽しんでくれましたし、親の私も楽しかったです。空きすきだったので、どれも待つことなく何度も体験できました。写真はQRコードのチケットがもらえるので、そちらからダウンロードすることが出来ます。

【ホールB】 SPACE TIME JOURNEY~時空を超えるアートの旅~

こちらは8/9までで終了してしまうイベントなので、早めに行ける方は行ってみてください!

ホールに入ると、ゴッホや浮世絵などの絵画の映像が壁や天井や色んな所に映し出されていて、絵画好きの私にはドキドキワクワクな空間でした。その隣の部屋に移動すると、列車が出現。そう、これこそが、「Space Time Journey:スペースタイムジャーニー」。

列車をイメージした客席から車窓を眺めるように、ドーム空間に投影された迫力のある映像を体験することが出来ます。出発地はもちろん高輪ゲートウェイ駅。駅を抜けると浮世絵や西洋絵画などをモチーフした幻想的な世界の中で、時空を超えた旅を楽しむことが出来ます。先ほどのゴッホの絵の中やモネの睡蓮の池、浮世絵の荒波の中にまで入ることができるんです!どれも感動的な体験なのですが…、乗り物酔いしやすい方は要注意。私はぐるぐる目が回ってしまい、途中で目を閉じてしまいました(泣)。残念ながら、もう一度は体験は…。

【ホールC】 J-WAVE NIHONMONO LOUNGE

こちらは大人のためのイベント。

『素晴らしい日本を目で耳で舌で愉しむ』というキャッチコピーがある通り、中田英寿氏おすすめの美味しいお酒と食事を食べながら、別所哲也氏主宰の「Short Shorts Film Festival & Asia」とコラボレーションした短編映画を楽しめる空間です。

うるさい子ども連れの私たちは泣く泣く自粛しました。

スタッフの方の話では、仕事帰りのサラリーマンの方たちで平日の夜は賑わっているそうです。

COSMOS

暗くなると楽しめるのが、日本初上陸のインタラクティブアーティストJen Lewin Studioによる屋外インスタレーションです。光が美しく織りなすファンタスティックな世界、踏むと色が変わる仕掛けで幻想的な風景をお楽しみいただけます。

いくつかのパネルが集まって、くねくね道やお花のような形の物がいくつもカラフルに光っていて、そのパネルを踏むと色が変わり、子どもたちは大はしゃぎ!パネルの表面はつるつるするので走ると危ないのですが、子どもたちは興奮するとだんだんスピードアップ!スタッフの方も優しく注意してくれますが、大目に見てくれて、しかも子どもたちと一緒に遊んでくれます。なので、私はキラキラの世界に浸りながら、時に子どもと一緒にはしゃぎながら楽しませてもらいました。

たくさんあるパネルのいくつかには、それを踏むと全てのパネルが一斉に変わる秘密のボタンがあり、それを必死に探しました!また、パネルをリズムよく5回踏むと光り方が変わったりと、ここだけで十分遊ぶことが出来ました。子どもたちはなかなか帰りたがらず…。確かに楽しかったです!

パーソナルモビリティ 試乗体験

パーソナルモビリティ

こちらは当日予約。ただ、先着順なので早めに行って予約する必要があります。

次世代の移動支援型モビリティとして期待される、トヨタ自動車のパーソナルモビリティ「歩行領域EV(立ち乗りタイプ)」の試乗体験プログラムです。最初は会場の隅っこで練習していましたが、最後は会場内をこちらで移動。10分ほどの試乗でしたが、大人も子供もも楽しんでました。

身長130センチ以上じゃないと試乗できなかったので、我が家のちびちゃんと私は見学。動いていないモビリティで記念撮影して大満足でした(笑)。参加者は特製ボールペンもお土産にもらえたので、子どもたちは大切に使っています!

Future Gateway ~未来とつながる5G×XR~

こちらも当日予約です。

Magic Leap 1(VRゴーグル)を装着すると、目の前に現れたゲートが開き、未来の高輪の街が出現します。そのゲートを通し、世界各国の人や、観光地とのMRを使ったコミュニケーションイメージを楽しむことが出来ます。

ドコモの5Gネットワークを活用して体験していただけるMagic Leap 1のイベント開催は日本初だそうですが、乗り物酔いする私はVRも苦手…。なので、主人が楽しんでいました。どんなだったか感想を聞いてもいまいち分からず。気になる人はご自身で体験してみて下さい!

フード&クラフトマーケット

屋外フードコートです。人口芝生の広場にパラソル付きのテーブルとベンチが用意されています。お店はちょっと高めの屋台がいくつかあるって感じです。

梅雨の晴れ間に行ったのですが、日影がパラソル以外はなく、芝生以外は白っぽい色の壁やお店に囲まれているため、暑いし眩しくて長居するのはきつかったです。

・開催概要

開催期間:2020年7月14日(火)~9月6日(日)
開場時間:11時~21時(イベント毎に実施時間が異なります)
開催場所:高輪ゲートウェイ駅前特設会場
入場料:無料(一部有料のイベントがあります)
主催:東日本旅客鉄道株式会社

※入場予約制となりますので、来場前に必ずWEBサイトから予約をしてご来場ください。

おすすめポイント

  • 駅直結のため、アクセスしやすい!
  • 要予約イベントは時間も決まっており、テントの中なので雨でも大丈夫です。
  • 予約制のため、混みあっていないのでソーシャルディスタンスはOK
  • 入場には検温、各ブースでこまめに消毒があり、感染症対策はしっかりしています。
  • 子どもにも楽しめるイベントが盛りだくさん。
  • スタッフの方々が子どもに優しい!一緒に遊んでくれたり、ちょっとした対応が優しくて嫌な思いは一切なかったです。
  • 再入場可なので、飽きたらちょっと街を散策して戻ってくることができる。(暗くなってからのが楽しめるイベントあり)
  • 会場はフラットなので、ベビーカーでも安心していけます。おむつ替えや授乳スペースも完備してあります。

注意事項

  • 会場は駅の目の前ですが、入り口が駅からぐるっと回った所なので、入場までには思ったより時間がかかるかも…
  • 自転車で行った場合、駐輪場が入り口と真反対にあるので、こちらも入場までに時間がかかります。
  • 会場には日影がほとんどないので、梅雨明けは暑さ対策必須。
  • 雨宿りの場所もあまりありませんので、天気が怪しい場合は折り畳み傘があると良いです。
  • 飲み物は自販機がありますが、1台くらいしかなく、会場外に買いに行くにも、近くにはコンビニはないので多めに持参することをおすすめします!
  • すでに予約がだいぶ埋まってきているようです。特に休日は空きがない日もあるようなので、予約はお早めに!(2020.7.25現在)
  • 当日予約のイベントは先着順ですので、早めに行かないと希望する時間に体験できない可能性が大です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です